トップ

ドルコスト平均法という投資

投資のスタイルとは

金

純金積立による金への投資法

バブル崩壊後、投資に関する注目や関心が高まっております。主な運用対象として、株式、債券、投信などの有価証券が挙げられますが、金への運用も一つの選択肢です。価格が上下に変動しますが、価値の裏付けがあり、株式と比較すると価格は安定しております。また、テロや戦争などの非常事態があった時に価格は高くなる傾向があります。ただ、運用方法として、安い時に買って高い時に売るというのも一つの方法ではありますが、純金積立という毎月一定額を拠出して運用するという方法もあります。ドルコスト平均法という投資スタイルで、この場合、毎月一定額を運用するため、価格が安い時でも高い時でも購入することとなるため、中長期的に見れば時間分散効果が働き、簿価が平準化される性質があるため、より安全な運用方法であるといえます。

純金積み立ての大きなメリット

投資手段はさまざまですが、リスクが少なく、リターンが高いものを選択する事が重要です。その中で有効な手段といえるのが純金積立です。純金積立ては定期的に金を購入し、積み立てていく投資手段です。金は非常に希少価値の高いもので、世界中から需要があるという性質から、価値があがりやすく、約10年で3倍近くあがった実績も有ります。そして、価値が下がりにくく、極めて低リスクなことや、インフレにも強く、物価が上がればそれだけ大きな利益が期待できる事が人気の理由となります。積み立て額は数千円程度から可能ですので、初心者にも行いやすいといえます。

投資手段についての情報

新着情報

↑PAGE TOP

© Copyright ドルコスト平均法という投資. All rights reserved.