トップ / 投資のプロに任せるということ

投資のプロに任せるということ

投資先の選びたい方

金

投資信託について考える

自分で考えて投資先を選びたいと言う人の場合には、1から自分で調べて慎重に対応をしようとする人もいますが、知識が乏しかったり自分で考えるには限界があると感じている人の場合には、自分のお金を預けて運用をしてもらうことのできる投資信託がおすすめ出来ます。この様な商品には自分で細かな事を考えたりしなくても、プロがしっかりと運用してくれるという性質にあります。感覚としては定期預金に近いものがありますが、多少のリスクを許容して大きな利益を生みたいという場合には、有効な選択肢であるということが出来るでしょう。

金に関連した信託を知ろう

有事の金というように、市場のリスクが高い時は安全資産として求めるために特に値が上がる性質があります。その希少価値により通貨の代わりとしても各国の発行する通貨よりも信用されているからです。一方、投資信託は、専門家が株・債券などを中心に運用する商品です。一般的に株・債券などは景気のいい時に値が上がりますから、前者とは逆の性質と思ってしまいがちです。しかし、これらには前者に関連したものも複数ありますので、そのようなものは株などが軒並み下がり続ける不景気の時にも利益を出せる可能性が高いといえます。たとえば前者の価格に連動するものや、その先物や鉱山株中心に運用するものなど、実は金に関連した投資信託はバラエティにとんでいるのです。

↑PAGE TOP

© Copyright ドルコスト平均法という投資. All rights reserved.